« August 2005 | Main | October 2005 »

8 posts from September 2005

September 26, 2005

箱根旅行☆

m_title

金曜から1泊で箱根旅行に行ってきました!
週末は天気が…との予報だったのですが、金曜は雨も降らず過ごしやすい気候でした。
途中、多少の渋滞はありつつも結構順調に箱根に到着。
まずは2005年3月にオープンした「箱根ラリック美術館」。フランスの宝飾&ガラス工芸作家ルネ・ラリックの作品が展示されています。ラリックはアール・ヌーヴォーからアール・デコへと流行が変わる間にも常に最前線で活躍した芸術家です。その作品は繊細かつゴージャス。美術館自体も作品を際立たせる洗練された白い建物で、とても素敵でした。それから中庭はまるでフランスのモネが描くような睡蓮の庭。お昼は、その庭を眺めながら美術館隣接のフレンチレストランでお食事。のんびり~。オススメ美術館です!(ラリック美術館はローソンでチケットを買うと300円OFF<1500円→1200円>になるのでお得!)
その後は、ラリック美術館に近い「星の王子さまミュージアム」へ。昨今、新訳版が次々と出版され注目されているサン=テグジュペリの児童文学「星の王子さま」。私の持っている本は母が小さい頃に持っていたものを譲り受けたので初期の翻訳文体がしっくりきます。子供の頃読んだ作品だけれど改めて再読してみると哲学的要素がこんなにも多い作品だったのか~!と楽しめます。館内は作者サン=テグジュペリにスポットを当て彼の生家や生きた時代を再現。じっくり巡ると結構時間かかります。ミュージアムの外観はプロヴァンス地方を彷彿させる城壁に赤い屋根の町並みを再現し、お庭も散策できます。子供より大人が楽しめるミュージアムかも?(閉館ギリギリの夕暮れに行くと明かりがともってロマンチックかも)
ミュージアムショップには女性客が群がっておりました。淡い色彩のグッズは女性に人気でしょう。ちなみに私は以前パリに行った際、星の王子さまのポスターを買ったので…今回はグッズ買いには走りませんでした。
夕方になり、海賊船(の、姿をした芦ノ湖遊覧船)に乗るか!と言う事で湖まで出たけれど…すでに最終便(16:30)は出発。夏だと50分発があったのだけれど…乗れませんでした。やむなくそのまま宿へ。
土曜は朝11時から「御殿場プレミアム・アウトレット」へ。(沢山場外駐車場はありますがなるべくアウトレットよりが便利。満車と書いてあっても以外に空いてます)。しかし、広い!!!とりあえずここまで来たのでほぼ全ての店舗を覗こうと欲張った結果…5時間以上滞在。にも関わらずたいしたものは買いませんでした…。みんな大量の紙袋を持っているので一体何を買ったのかしら…。お昼は紅虎餃子房。途中チラホラ雨は降ったものの基本建物内なのであまり気にならず。とにかく人が沢山。女性の買い物につき合わされグッタリモードでベンチに座る男性の姿が多く見受けられました。オツカレサマです(笑)かくいう私も途中歩きすぎてタリーズで放心状態…。(アイスクリームラテでなんとか復活)
今回はアウトレットメインだったので(買わなかったけど…)、次回は宿にもっとお金をかけて温泉中心の旅にしようかな。あとポーラ美術館に行きたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 19, 2005

チャーリーとチョコレート工場☆

cchoco
土曜日はお友だちがアメリカへ引越しするので、送別会(遊びに行くのでヨロシク会!?)をしました。
ちょっと前は次に旅行するならスペインかドイツ、ベルギーあたりのヨーロッパ圏!と思っていたのだけれどここ最近「アメリカ西海岸」にすごーく魅力を感じていて…。引越し先がL.Aに近いという事もありめちゃくちゃ遊びに行きたいモード全開!!来年はアメリカ大陸上陸を目論見ます(笑)
それから、日曜日はレイトショーで「チャーリーとチョコレート工場」を見に行きました。
既に小説は読んでいたので話の展開は知っているけれど、十分楽しめました!元々原作も児童文学にしては結構、ブラックユーモアに満ちた作品だったけれど、そのブラックな部分がティムバートン独特のマニアックで悪趣味な世界感と合い混ざってかなりイイ~感じの画に仕上がってました。なにしろ、これだけチョコ出てくるのにこの映画観てチョコ食べたい!!と思う人はあんまりいないだろうあたり…(笑)でもそんなブラックな部分はありつつも、原作をさらに膨らませ「笑いあり、涙アリ」ときちんと素敵なファンタジー物語にしてしまう絶妙なさじ加減がティム監督の凄いところ。そして主演のジョニー。パイレーツオブカリビアンで飛びついた俄かファンを幻滅させる(←笑)トリッキーな演技とメイク…原作を上回るイカれた「ウィリー・ウォンカ」像が最高!!!今後もじゃんじゃんヤバ演技して欲しいです。そして、夢に出てうなされそうなウンパ・ルンパのステージにもクギ漬け!!一体何カット撮ったのかしら…一人の人間が映画で演じるカット数のギネス記録に挑戦したんじゃないかと思います(同じように見える動きも実は微妙に違う)。コレ見るだけでもかなり価値あり!
あ、本作と全然関係ないけど、映画上映の前に流れるCM「ネスカフェゴールドブレンド」の演出にビックリ!!テレビCM版は<コチラ>プラネタリウム投影機製作者の大平貴之氏と唐沢寿明氏がプラネタリウムを背景にコーヒー飲みつつ談笑…で終わりなんですが、なんと映画版ではその背景のプラネタリウムが映画館の館内に広がり一面星の夜空に!!なーんとCMの為に、特設の投影機(本物のメガスター2!?)が設置されているのです。プラネタリウムなんて久々で感動してしましました。いやーネスカフェ。粋な演出してくれます。ちなみにその特別CMは品川プリンスシネマとワーナーマイカルシネマズのみなとみらいスクリーン8のみの限定!!超~得した気分!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

もしかして…秋!?☆

涼しい…!!!
本格的に秋到来!?
安くて脂ののった秋刀魚も先週あたりから食卓に出始めていたのですが…
たしかに朝夕涼しく、秋らしい気候になってきました。
さて、センチメンタルな秋を迎える前に、今年の夏を思い出してみよう。(スグ忘れちゃうから)
一、暑かった。
一、花火大会は2回見た、でも結局浴衣は着なかった…。
一、スターウォーズ祭だった。あのボトルキャップどうすんだ!?
一、行きたかった江ノ島水族館に行けた。でも「みなぞう」見れなかった…。
一、やっぱり飲み会三昧だった(地元、横浜、都内各地等々…)
一、バイト三昧だった。お陰でまとまった休みは無かった…。
一、去年の夏仕事以外に何してたかさっぱり思い出せない。後で手帳でも見るか~。でも書き込みが簡潔過ぎて多分見ても思い出せない。
一、今年も一度も蚊に刺されなかった…。
なんか、コレと言って特別な事は無い平凡な夏でした。いやそれが幸せというモノなのかもね。
しか~し、何で蚊に刺されないのかしら私。部屋にはいるのよ確実に。家族全員刺されてるもの…。
きょうだいには「お姉ちゃん蚊のレーダー網にかからないんだね~。ステルス戦闘機みたい」と言われた。
F117

とりあえず秋は旅に出たい気分です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

最近見た映画・3☆

PARI
1925年にパリでヒットしたオペレッタ作品の映画化「巴里の恋愛協奏曲」。監督はアラン・レネ(83歳!!!)
映画の中でも俳優達はオペレッタ劇のように歌い踊ります。(でも正直あんまり歌うまく無い…そのあたりの配役はどうなのかしら…疑問)見所は1920年代のファッションそして華麗な美術設定。と~ても素敵…「アメリ」を演じたオドレイ・トトゥの衣装なんかメロメロです。帽子とか!!クルクルした髪型とか!!
ちなみに内容は、あれよあれよという間にハッピーエンド!ーな訳で、ストーリー的な深さは皆無です。軽い映画が見たいときはいいかも!?ですね~。あ、オドレイ演じる”乙女”が恋する”ゲージツ家の兄さん”の「青いアゴ」さえ気にならなければね(笑)
THECOMPANY
バレエ好きは必見です!「バレエカンパニー」
シカゴのバレエ団「ジョフリー・バレエ・オブ・シカゴ」のダンサー達の日常と恋を描きながらも本当の見所はなんと言っても…「バレエシーン」!!そう、作中には現役のダンサー達が踊る素晴らしいバレエの公演シーンが満載!!(主演のネーヴ・キャンベル以外は全員本物のシカゴ所属のダンサー達!)
カメラワークもバッチリ!クオリティの高いバレエ演舞をコレでもかと堪能できます。(クラシックというよりモダンに近い感じです)薄い衣装に身をつつんだほぼ「裸体」に近いダンサー達のたくましく美しい筋肉としなやかな身のこなしそして舞台のきらびやかなセットと照明…うっとり~~陶酔。な事間違いございません。ニンゲンの肉体表現ってなんて素敵!!バレエ万歳!!涙出ます。
パリ・オペラ座を舞台にした「エトワール」も気になります。今度借りよっと♪
closer
ああ~!!!もうバカ!!バカ!!と言ってやりたい。ジュード・ロウ演じるダメ男。ストリッパー役のナタリー・ポートマンが見たいが為に借りた映画「クローサー」…。ダメ男っぷりにすっかり鼻息荒くなってしまいました。てか、出てくる男女みんなそれぞれダメ女&ダメ男なんですけどね…こんな相手と恋に落ちたくねぇな~と思う映画です。とりあえずナタリーが可愛いので許す。コレでもかとばかりに輝くプリプリお肌なナタリーがエロス満開セクシー衣装に身を包みクネります挑発します。でも決して下品にならないのはスレンダーなボディと理知的な顔立ち故ですね~。ナタリー・ポートマンは若くして品も知性も兼ね備えた将来楽しみな女優さんの一人です。ちなみに、ラストのヒネリはなかなか笑えます!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋の買い物☆

季節の変わり目は洋服が気になります。
秋冬物は夏物に比べ断然価格がアップするし、必要な小物も増える(マフラーやら手袋やら)のでお金かかるから秋冬嫌い!!という友だちがおりました…。

うーん。汗かくの嫌いな私は秋冬大歓迎です。
そして夏服よりゴテゴテと着込めるバリエーション多い冬服のファッションの方が見た目にも楽しいので好きです。
ーとは言え確かに出費は痛い。
そんな訳で、最近は季節に関係なく着れる洋服を選ぶ事が多いです。
季節ごとに多少~買い足すものの、全て切り替える訳ではないので低コスト。
年中活躍するジーンズとかホントに便利。
それに、寒い時期にお店に入ると暖房ガンガンでTシャツでもいいくらいなのでセーター類はほとんど買わない。
厚手のコートさえあれば大丈夫です。

で、最近買い足したモノ↓

AP

イメージを一新してから気になる「アーノルドパーマー」。
明るい元気カジュアルなデザインから最近は少し大人っぽい素材とデザインのものも増えてきました。

とある日、ジャージが欲しい~(ナイキやらアディダス等スポーツ系ブランドはイメージじゃなく…)
と、フラフラ徘徊していた所…

店頭で見かけたゴールド×ブラックの「アーノルドパーマー」ジャージ。(写真はモノクロ)
ジャストサイズでその日履いていたジーンズともピッタリ~!
ブラック地にゴールドのラインもあったけれど、年中着れそうなゴールド地が良さそう…
んで、買っちゃいました。

それから男子禁制(笑)乙女のファッション通販雑誌「PEACH JOHN」(通称Pj)で初めてお買い物!
一回無料カタログ頼んだら結構毎回カタログが送られてきて、気になってはいたし、店頭もたまにフラフラ見に行ったりしてたんだけど…購入には至らず。一見すると派手セクシーなラインナップなんだけど結構機能性重視で男性が喜ぶセクシーさというより…乙女が「可愛い!!」と飛びつく感じのデザインが絶妙。
PJ

今回はインナー以外にも活用できそうなキャミ購入。
通販だとサイズが合わない、イメージと違う…等の問題があったりするけど価格も手頃だし、店頭販売もしているのであんまり気にならないかも。
透け素材なので下にもう一枚着て、ジャケットとか羽織れば秋・冬も着回せそうなベージュを選択。
他のターコイズとホワイトは完全夏向け(乙女向け?)だけど…可愛いので欲しくなってきました。

あとはTシャツもうちょっと買い足したい。
ジャンクフードのTシャツが気になります。

と、言うわけで。
無理しないと手の届かないスーパーブランドはあくまでも目のコヤシに留め…。
流行りものはホドホドに。
機能性と使い回し重視でお買い物するちょっと賢くなった今日この頃。(いつまで保てるやら)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

チャリティ写真集☆

気になる写真集2冊。
american_women
一冊目はミュージシャンのブライアン・アダムスが写真家として撮りおろした「AMERICAN WOMEN」。
アメリカで活躍する91人の女性がCalvinKleinの洋服を身にまとい被写体となっています。
ヒラリー・クリントン、テニスのウィリアムズ姉妹、ヒラリー・スワンク、シェリル・クロウ、サラ・ジェシカ・パーカー等。
ちなみに、日本ではあまり知られていないのですがブライアン・アダムスは一流のファッション写真家としても活躍しているそうです。
本の収益は、乳がん研究の支援のために寄付されるとか。
VOGUEのサイトで数点写真を見ることが可能です。
※amazon.co.jpで購入可能。(今なら15%オフらしい…¥4,950/送料無料)
four_inches
2冊目は「Four Inches」。
こちらは、「エイズ基金」に賛同する女性有名人たちによるチャリティー写真集。
カルティエJIMMY CHOOの靴のみを身にまとったセクシーな内容です。
クリスティーナ・アギレラ、レイチェル・ハンター、ジョディ・キッド、ビクトリア・ベッカム、ケイト・モス、メイシー・グレイ、ジェリ・ハリウェル、セリーナ・ウィリアムズ等、早々たる顔ぶれ。
欲しい…。
※amazon.co.jpで購入可能。(こちらも今なら15%オフらしい…¥6,434/送料無料)

チャリティもの写真集でコレだけのクオリティなら、慈善家でなくとも欲しくなりますねぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 05, 2005

チーズケーキ☆

tcake

以前、ビームスが手掛けたモデルルームがあるとの事で見に行った横浜の高層マンション・コットンハーバー。現在その開発地区が、どうなっているのか興味本位で車で見に行ったトコロ…海の側の広大な敷地に建物の土台が建築中でした。いつ完成予定だったかしら…?とりあえずまだまだ全貌は判りません。(てか買った訳でも無いのに見に行ってるあたり…ミーハー…)
で、たまたま通りかかったその道すがらに「チーズケーキ工場・直売所」なる看板を発見!!
甘党ではないけれどチーズケーキは結構好き。
家の手土産にいいかも…と思いなんとなく立ち寄って見ました。
お店の名前は「ガトーよこはま」。テレビでも紹介されたことがあるようです。
ちなみに生チョコも売っているのですが、横浜市長の中田宏氏がプロデュースしたとか…その名も「The Mayor」。そのまんま…。いや~しかし、色々と手広くやりますなあの市長は。ちなみにベルギー産の最高級チョコレートと最高級生クリームを使用しているとかで内容は本格的です。
今回はチーズケーキを購入しました。工場直売とあって1割引きです。お得です。
早速、お家で食べてみました。
甘さ控えめなんだけれどチーズのコクと練りこんだ生クリームのまろやかさがあって…絶品。正直、チーズケーキ好きの方に是非食べていただきたい。
で、ケーキのお供は、この間購入した「台湾茶園」の東方美人茶
香りが高く、紅茶に近いので洋菓子にもベストマッチ!(「台湾茶園」のサイトにも掲載されているのですが、日テレの番組内で「イギリス女王御用達幻美人茶」として紹介された高級なお茶です。)
他のお茶はまだ飲んでいないのですが、お試しで6種類(凍頂烏龍茶・東方美人・木柵鉄観音茶・阿里山金萱茶 ・文山包種茶・文山包種茶)も入っているので楽しみ楽しみ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 04, 2005

バーバリーナイト☆

00340f

9月3日土曜日。
BURBERRY PRORSUM」(表参道店)のカクテルパーティに行って参りました!!
ドレスコード無しとは言え、あんまり酷い格好は失礼…かと言ってワンピースを着込むほどでもない様な…
悩んだ結果。
「フォーマルにも通用するデニムスタイル」に決定。カラーテーマは「黒×紺×ゴールド」。
で、プラスのアクセサリーはきちんとしたモノを身に着ける事に。
トップスは黒に金の刺繍とビーズのついたフォーマルっぽいヒラヒラキャミ。
ボトムスは細身の濃紺のリーバイスをブーツイン。靴は黒のニーハイ。
バックは白にゴールドチェーンの付いたビンテージクラッチバック。
時計は母からの御下がりのディオールの時計(デザイン渋めのゴールド×シルバー)。
アクセサリーは祖母の御下がりのゴールドブレスレットとダイヤ付きゴールドネックレス。
それから叔母の御下がりでもらった小粒ダイヤと3色のルビー等が付いたゴールドの派手可愛い指輪。
そう、まともな装飾品は全て御下がり…。ありがとうママ。叔母さん。おばぁちゃま。
オープンは19:00。スタートは19:30。
シャネル、ディオール、ヴィトン等、バーバリー表参道の周辺のお店をウロチョロする。
で、ウィンドーショッピングで目を肥やしているうちにスタート10分前。
何気にバーバリーの表参道店に入るのは初めてです。
1階はバッグやマフラー等の小物類、2階はレディースとメンズのファッション。プローサムも充実。
招待客はほぼ女性客2人連れです。
年齢層はやはりVOGUE読者の招待客が多いので30代以上の方が多い模様。
(カクテルパーティーなのでもちろん未成年者はいません)
箪笥から引っ張り出したみたいな黒のフォーマルワンピ(結婚式用!?みたいな)…気合系から、ゴヤールのトートバッグをさり気無く肩から下げるお洒落スーツ系…から、バーバリーと言う事でバーバリーチェックのミニプリーツスカートを履いた女学生風…(大人になるとコスプレちっくで危険な装い)から。
パーティのお客様観察が実に楽しいです。
まずはシャンパンが各自配られます。めちゃくちゃノドが乾いていたので冷えたシャンパンが美味しい事!
飲めない相方のグラスも奪い、あくまでもさり気無く…空きっ腹にガブ飲み。(←庶民丸出し以上に間違ってる行為)
トレーに載った2センチ四方程度のパンにチーズやサーモンの載ったオードブルをつまみつつ、あっという間にほろ酔い良い気分で、ヘラヘラしながら店内を巡る。でも洋服を観る目はマジです。
で、パーティの目玉であるコレクションのショーがスタート。
美しい男女の外国人モデルがプローサムの今期の洋服をコレクションのランウェイそのままのスタイリングで着こなし店内を時折ポーズを決めながら巡ります。
「コート可愛い!!」
「でも、モデルさん170センチ以上あるよ~シルエット的に着こなせない~」
「ブーツ可愛い!!」
「でも、めっさ細い…めっさ足長い…無理…」
夢ふくらみつつ現実にヘコみつつ。約20分ほどのショーを終えると、先ほどまで談笑していたお客達はいっせいに試着に走りました…。素敵な着こなしに購買意欲を掻き立てられたのか!?
モデルさんが着ていた、スカートの様に広がるラインのキレイなコート(写真)を早速試着する女性客。
私もちょっと気になり、コートのを手に取り価格をチェック。40数万円…。
「ですよね…」やはり現実にヘコみました。
しばらく店内をめぐり、お腹も大分減ってきたので帰る事に。
bur

で、帰りがけに、お土産をいただきました。
バーバーリーチェックが型押しされたゴールドの白地の手帳。パーティの醍醐味はこういった限定品が頂ける事!
ちょっとパーティマニアになりそうな予感。いやーなかなか楽しい体験でした!VOGUE×BURBEREYありがとう!


| | Comments (4) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »